レディース古着買取|女性ブランド洋服買取おすすめの口コミ&ランキング一番高い買取ショップは?

MENU

レディースブランドの高く売れるサイズと安くなるサイズ

 

 洋服の商品展開には、様々なデザインがあり何色かカラーがあり、サイズ展開もあります。

 

古着や洋服の買取に関してもブランドやデザイン、状態、カラー、サイズ、トレンド、時期やタイミング、買取ショップによって査定価格も大きく変動してきます。

 

 今回はサイズに関して、査定価格が高くなるサイズと安くなるサイズをご紹介したいと思います。

 

特にレディースブランドはサイズは重要で、サイズ違いなだけで数千円?程違いが生じる場合もあります。

 

またサイズに関しては、国内サイズ表記と海外サイズ表記があり、海外のサイズにはアメリカとヨーロッパブランドによっても様々であり、ブランドによっても大きめや小さめの作りでもあります。

 

しかし、ここは日本国内であり、日本人サイズで解説したいと思いますので予めご理解とご了承ください。

 

またアイテムによっては、サイズ基準も違いますので照らし合わせてご参照ください。

 

 

トップスのサイズと買取価格

 

 レディースブランドのトップスに関して、ブランドやアイテムによっては「F」(フリーサイズ)やONE SIZEなどの表記もありますし、サイズ表記がないものもあります。

 

もちろんフリーサイズやワンサイズの物は緩いデザイン、オーバーサイズのデザインもありますし、1つのサイズ展開になりますので、買取価格に大きく関わる事はありません。

 

しかし、普通に考えてTシャツやブラウス、ジャケット類などXS,S,M,L,XLと展開されているものもあります。

 

ごく一般的にはSサイズやMサイズが一番評価が高いので査定価格も高くなります。

 

 ブランドによっては、1,2,3,4とサイズ表記されているものもありますが、1=XS,2=S,3=M,L,4=XLとかんがえて良いでしょう。

 

となると、2か3のサイズが一番需要があり評価も高くなると言えます。

 

しかし、ブランドによっては、大きめのブランド・デザインもありますので、需要に沿った査定価格と言えます。

 

あとは、極稀にトレンドや希少性もありますので、Lサイズが完売・・・となっている場合で需要が高い場合はL竿ズの査定価格も高くばる場合もあります。

 

 

 

パンツのサイズと買取価格

 

 パンツはボトムスに関しては、レディースブランドの場合は26,27,28,29,30・・・とあります。

 

パンツも同じでスキニーなど細めのシルエットの場合は、真ん中のサイズ27?29くらいの方が評価が高いと言えるでしょう。

 

 パンツもトップスと同じで需要のあるサイズにはなりますが、パンツのデザインにもよりますし人気サイズが一番評価が高いと言えます。

 

スカートもサイズ表記は違う場合でも、同じではありますが一番需要のあるサイズが査定価格も高くなると言えるでしょう。

 

カジュアルブランドなど手頃なプライスのブランドの場合は、そこまで査定価格には響きませんが、ハイブランドや海外のブランドの場合は大きく査定価格も響いてくるでしょう。

 

 

パンプス・シューズ・スニーカーのサイズと買取価格

 

 レディースの靴に関しては、サイズは重要でもありますし、サイズよりも重要な場合もあります。

 

レディースのレザーシューズやスニーカーは、サイズは23.0cm25.0cmくらいがベストなサイズだと言えます。

 

一番需要のあるサイズですし、レザーシューズはサイズは重要ですが、スニーカーの場合は23.0cm25.0cmまでの範囲内であればそこまで査定価格に影響しないでしょう。

 

しかし、パンプスの場合はサイズは23.0cm25.0cm、海外ブランドのサイズはヨーロッパ表記なので3739くらいがベストなサイズです。

 

そして、パンプスはサイズもかなり重要なのですが、サイズよりも状態の方が重要になってきます。

 

 中古品になりますので、中古品の状態の悪いものは履きたくないはずです。

 

買取ショップから中古のパンプスやヒールを購入を考える方は、ハイブランドやそれなりに高いパンプスは安く買えるなら多少の状態でも購入すると思います。

 

しかし、状態の悪いものになってくるとサイズ云々ではありませんので、状態の悪いパンプスやヒールはあまり買取価格に期待しない方がいいかもしれません。

 

 また、ブーツの場合も同様ですが、ブーツは多少サイズが大きい分は問題ないかと思います。(?26cm以内)

 

 

 トップスもパンツもシューズも標準サイズで一番需要のあるサイズが査定価格も高いと言えます。

 

大きいもの、小さいものになるにつれて多少の査定価格も影響してくると考えておいた方が良いでしょう。

 

買取ショップランキングはこちら